川崎文具店

「インペリアル敷島」シリーズについて

このたび、令和元年5月19日インクの日、インクバロンをスタートさせて頂きました。

インクバロンについて詳細はこちら

あれから、はや1週間が過ぎました。
販売開始しました「インペリアル敷島」シリーズ全72色中、初回発表分の17色ですが・・・
何と!
早々に、初回分は売り切れてしまいました!
(枡入りパッケージ25mlタイプ)

お客様から”詳細が知りたい”とお声を頂いておりますので、まずは「インペリアル敷島」シリーズについて、お話したいと思います。

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

5/19は、72色のうち17色を発表しました。約1年をかけて全72色になる予定です。

1色に2サイズのラインナップをご用意しました。

25mlの使いやすいサイズは、枡に入ったパッケージに、モデルとなった和歌が添えられています。

25ml ¥1,700(税別)

カードの裏には和歌の意味も書いてありますので、和歌の意味と色彩による情景をお楽しみいただけます。

実は大垣は、枡の国内シェア№1なんです!
ほのかに檜が薫るのもまたイイですね!

5mlはお試ししやすい小瓶ボトルです。

5ml ¥500-(税別)

 

「インペリアル」とは帝国の、皇帝の、また、威厳のある、最上級の、などの意を表し、

「敷島(しきしま)」とは別名”四季島” 昔の日本の呼称です。

日本という国の、昔からある四季の移り変わり、人々の生活の息づかいを感じてもらいたい、情緒・情景が浮かぶインクを作りたいと思い、作成したのがこの「インペリアル敷島」シリーズです。

モデルとなった「敷島」は

「敷島の 大和心を 人問わば 朝日ににほふ 山桜花」本居宣長

という句にも使われています。

一部のインク名にもなっている枕詞(まくらことば)とは、万葉集の頃より用いられた技法です。
その言葉だけでは意味を持たないので、現代語訳には直接登場しません。
ですが、特定の言葉を装飾し、情緒を添え、短歌の調子を整える言葉なので、情景を思い浮かべるときに奥行きや深みを与えてくれる言葉です。

インクも、色だけを見ればただの色彩ですが、インクにこめられた名前や物語が入る事によって、より鮮やかで味わいのある色に変化するところが魅力だと思います。
まさに”枕詞”と”インク”の役割が一致していると感じました。

インペリアル敷島シリーズは「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に、大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はぜひご予約をお願いします。