川崎文具店

鉛筆って、優秀なんです!!

 

鉛筆って、日本では多くの方が小中学校で主に使用して、そのまま通り過ぎて行く筆記用具かと思います。
しかし、今改めて見ると、よく出来てるなぁ~と感じる筆記具でもあるんです。

当店でももちろん鉛筆の販売はしています。
実は一口に鉛筆と言っても、メーカー、形、濃さ、大きさ等様々です。
(そして金額も!)

例えば・・・

国内だと、三菱鉛筆やトンボ鉛筆が有名ですよね。

国外だと、ドイツのステッドラーやファーバーカステルなどなど。

形は6角形がほとんどのように感じます。
中には3角形で細身や太身もあり、様々です。

濃さは10B(濃い)からB・HB・F・Hときて10Hまで。
表記は国内外、大体同じですね。

濃さの表記詳しくはコチラも参照ください。

あるとき、お客様で「ファーバーカステルのパーフェクトペンシル」をお求め下さった方がいらっしゃいました。

(メーカーサイトから引用)

売る側としてはなんですが、思わず聞いてしまったんです。

「鉛筆ですか?・・・シャーペンとか万年筆ではなくて??」・・・と。

失礼を言って申し訳ございません。
でも、私は3万円以上もする鉛筆がほんとに売れると思ってなかっ・・・ごほんごほん。

思えば数年前、これを仕入れた時。
私が冷たい目で店主を見た事を、きっと店主は忘れてないでしょう・・・(;´・ω・)

(ちなみに店主は、自分の価値観を重要視して品揃えをしており・・・。
つまりは並々ならぬ情熱を持っており・・・。
要するに文房具大好きさんなので、自分の好きな商品でお客様に喜んで頂けたことが、嬉しくて仕方無い様子でした)

その後も、色々とお話させて頂いたのですが、ある言葉にはっとさせられました。

「万年筆とか、もちろんいい筆記具だと思うよ。
でも、鉛筆はインクの補充もいらないし、必要な時にすぐ書ける。
手に馴染みも良いしね。シンプルで、優秀な筆記具だと思う。
だから僕は、鉛筆が好きなんだ!

なるほど。

改めて、鉛筆を見直しました。

たしかに、素材は木材。
天然素材なので温かみがあって、手に持った時のあたりも良い。
力の入れ具合で書きたいように書ける。
なにより、とめ・はね・はらいがしっかり書ける!

鉛筆と言ってあなどることなかれ。
むしろ、色々な経験を積んだ大人にこそ、鉛筆を使って頂きたい!!

今では子どもに使わせる時も、鉛筆の扱い方が優しくなった気がします(笑)