川崎文具店

【ちはやぶる】インペリアル敷島シリーズ

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクです。

詳細はこちらの記事をご覧下さい

今回は【ちはやぶる】について。

和歌「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くぐるとは」
在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)古今和歌集より

歌意
「さまざまな不思議なことが起こっていたという神代の昔でさえも、聞いたことがありません。
 竜田川の水面一面に、紅葉がちりばめられ、その下を水が潜り流れているなんて。」

フォトACより

枕詞 (かかる言葉)
「ちはやぶる」→(神・うぢ・金の岬・わが大君)

「ちはやふる」という言葉自体は、お聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
小倉百人一首の競技かるたを題材に、漫画や映画にもなりましたね。

この「ちはやふる」は、荒々しくふるまうことを意味する「いちはやぶ」という動詞から出た言葉と言われています。

色のイメージは、「水面に浮かんだ紅葉の色」

この句は、作者の在原業平朝臣が二条后・高子(にじょうのきさき・たかいこ)に献上された屏風絵を見て、歌を詠むように依頼されて詠んだ句です。

二条后とは、清和天皇の后・藤原高子のことで、実は二人は元恋人同士だったとか。
業平が、元恋人へのかつての情熱を歌に込めているともいわれています。
紅葉の赤さ、紅葉の下を流れる水の勢い、そして激しくも静かな水面が目に浮かぶようです。
2人は結ばれない運命でしたが、良い恋愛だったんだなぁ・・・って感じが伝わります。

他の和歌でも言えることですが、詠み方が微妙に違っている場合があり、それによって解釈も様々です。
たとえば、この句の場合、「ちはやぶる」=(ちはやふる)どちらも同じです。

そして「水くくるとは」
「くくる」「くぐる」の場合があります。
「くくる」だと、「絞り染(くくりそめ)」という反物に見立てるので、紅葉の浮かんだ竜田川を”絞り染のように美しい”と訳します。
「くぐる」だと、川全体を紅葉が埋め尽くし水がその下を潜るように流れている状態を言うので、一時期の激しい情熱を密かに伝えるならより赤い色の多い方、
つまり「くぐる」ではないか。

・・・とも言われています。

当時の詠み人の立場や心情を考えながら和歌の意味を考えてみるのも面白いですね。

今回は、参考文献に基づいて「ちはやぶる」「水くぐる」としました。

インペリアル敷島25ml

インペリアル敷島5ml

こちらのインペリアル敷島は「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。

【ラプラスの悪魔】とは?その1

思考実験シリーズ【ラプラスの悪魔】「無彩色・反射率18%グレー」

インクバロンの新しいインクシリーズ!新色です。
その名も「思考実験シリーズ」

思考実験とは!

簡単にいえば頭の中で想像する実験の事です。
皆さんによく知られているのが、アイザック・ニュートンの「万有引力」、
ガリレオ・ガリレイの「重いものほど速く落下する」という考えを否定する実験などですね。

今回はフランスの数学者 ピエール=シモン・ラプラスの【ラプラスの悪魔】をイメージしたインクを開発しました。

【ラプラスの悪魔】とは?
「もしもある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、かつもしもそれらのデータを解析できるだけの能力の知性が存在するとすれば、この知性にとっては、不確実なことは何もなくなり、その目には未来も全て見えているだろう。」
「確率の解析的理論」1812年より

簡単にいえば、「原因によって結果が導かれる」因果律と、「全ての出来事はそれ以前の出来事のみによって決定される」といった決定論を合わせた考えです。

ちょっと難しいですが、詳しくはお調べいただくとして;

今回この題材で、このカラーに至った理由は!
つまり上記の”もしも”をインクの世界に置き換えてみた、インクバロンの思考の答えです。

ズバリ「世界のすべてを混ぜてインクにしたら何色か」

答えは・・・

「無彩色・反射率18%グレー」  ではないでしょうか!?

これは、白と黒の中間グレーと呼ばれており、カメラの露出測定でも有名ですね。
世の中のすべて、更に未来をも見通す【ラプラスの悪魔】は量子力学の誕生で消滅しましたが、もしもどこかに存在していて、世の中を見ているとしたら、すべての色が混ざった「灰色の世界」が見えているかもしれない、そんなイメージで作ってみました。

今回のインク瓶はなんと試験管!

色味は普段使いしやすい濃いめの灰色です。

使われる万年筆や紙によって、色合いは変化しますので、ご了承ください。

発売時期、価格などは近日公開予定です
試し書きはご用意してありますので、色が気になる方は川崎文具店 店頭までお越しくださいね!

「思考実験シリーズ」は今後も増える予定!

お楽しみに~(#^.^#)

【いはばしる】インペリアル敷島シリーズ

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

詳細はこちらの記事をご覧下さい

今回は、特に人気が高い【いはばしる】について、和歌と歌意、枕詞そして色見本をご紹介していきたいと思います。

25mlと5mlの2サイズご用意です

和歌の歌意もお付けしています

25mlは大垣市特産の枡に入れてあります
ほのかに香る檜の香りが癒される(*´ω`)

和歌
「いはばしる 垂水の上の さらわびの 萌え出づる春に なりにけるかも」
志貴皇子(しきのみこ)万葉集から

歌意
「岩の上を激しく流れる滝のほとりでは、さわらびが芽を出しているではないか。いよいよ春になってきた」

イメージーフォトACより

枕詞         →(かかる言葉)
「石走る、いはばしる」→(たき・たるみ・あふみ)

基の和歌にならって、「(石走る)いはばしる」と表記していますが、読み方は「いわばしる」としています。

作者の志貴皇子(しきのみこ)は、天智天皇の皇子で光仁天皇の父に当たる人物です。
本人は皇位につくことはなく、歌人として生きたとされています。

垂水(たるみ)とは、一般的には滝のことですが、この歌の場合は「摂津の国(現在の大阪市、神戸市などを含む地域)垂水」という具体的な地名だという説もあります。
その地に名滝があったため、その名がつけられたとのこと。
うららかな春のある日、皇子はかの地に赴き、実際に目にした情景をそのまま詠まれたものと言われています。

前の記事でも少し触れましたが、枕詞は直接訳語には登場しない言葉です。
特定の言葉を装飾し、情緒を添え、短歌の調子を整える言葉です。
この和歌の場合、”滝の流れ落ちる水が岩に当たって激しくはねている様子”をよく表しているひと言で、まだ芽を出したばかりのわらびの柔らかさ、鮮やかさ、やさしさみたいなものの対比が面白いところですね。

この【いはばしる】のインクは、勢い良く流れ落ちる水とその周辺に芽吹いたさわらびをイメージした淡めの水色+緑色系インクです。

暑くなるこれからの時期にマイナスイオンを感じさせるインクで涼んでみてはいかがでしょうか。
和歌と歌意を書いたカードを各サイズにお付けしています。
和歌の世界を色と共にお楽しみいただきたいです。

こちらのインペリアル敷島は「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。