川崎文具店

【あをによし】「インペリアル敷島」シリーズ

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

詳細はこちらの記事をご覧下さい。

今回は、【あをによし】についてです。

和歌
「あをによし 寧楽の京師は 咲く花の 薫ふがごとく 今盛りなり」
(あをによし ならのみやこは さくはなの におうがごとく いまさかりなり)
小野老朝臣(おののおゆのあそん) 万葉集より

歌意
「青丹がとれるこの奈良の都は、咲き誇る花が色美しく、まるで香り立つかの如く映えて、今が繁栄の真っ盛りである。」

イメージ

「あをによし」は「奈良」にかかる枕詞。
平城京の北側に位置する丘陵地帯では、顔料に使う青土(あおに)の良質なものが産出されていたことから生まれた言葉だとされている。

「あをに(あおに)」「咲き誇る花」と、色鮮やかな印象を持つ和歌ですね。
花の咲き誇った綺麗な様子を詠う事で、街の活気が感じられ、更には時の権力者・藤原家の栄華も表現しているのでしょう。

この歌は、大宰少弐としての小野老の大宰府着任を祝う饗宴で、詠んだ和歌です。
大宰府では部下を南島に派遣し、漂着船の道しるべとするべく、各島に島の名称、船の停泊場所、水場および往来する国々からの距離を記した木碑を建てたそうです。

ここでは出典元にならって「あをに」、”なら”を「寧楽」、”みやこ”を「京師」としました。

この【あをによし】のインクは、当時のにぎやかな都で、花が咲き誇るこの土地から採れた青丹の色をイメージ。

現在でも顔料の「青丹」は絵手紙や絵画などで広く使われています。
当時の人も同じものを使っていたんだと思いを馳せると、しみじみした気持ちになります。

こちらのインペリアル敷島は「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。

【なるかみの】インペリアル敷島シリーズ

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

詳細はこちらの記事をご覧下さい

今回は,【なるかみの】についてです。

和歌
「鳴神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留め」
柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)万葉集より

歌意
「雷が少し鳴り響いて雨が降らないだろうか そうすれば あなたをここに留めておくことができるのに」

女性が、お天気にさえ頼りたいという恋しい人と離れがたいせつない気持ちが表れていますよね。

フォトACより

この和歌は、「言の葉の庭」にも登場していたので、聞き覚えがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
監督は、映画「君の名は。」でおなじみの深海誠監督です。

平安時代、男女の間で和歌を贈り合い、気持ちを伝えたり教養を競ったりしていました。
貴族の間では嗜みの1つでもありました。

このうたにも、対になる門答歌(返歌)があります。
(映画の中でも、和歌をやりとりするシーンがあります)

和歌
「鳴神の 少し響みて 降らずとも われは留らむ 妹し留めば」

歌意
「雷が鳴らなくても 雨が降らなくても 君が引き止めてくれたなら 僕はここにいるよ」

ちなみに、このうたは両方とも作者が柿本人麻呂となっています。
というのも、柿本人麻呂歌集という人麻呂自身が作った詩集からの引用らしいので、実際の体験が基なのか、想像なのか、実は作者不詳なのかはわかっていないようです。

「なるかみの」を「鳴神の」と「雷神の」などとそれぞれ表記される場合があります。
意味としては雷のことを指すのですが、当時は空=天界、つまり”神様がなさること”というような意味合いもあったことから、今回は「鳴神の」を使用しています。
たしかに、天気だけは人力でなんともならないですからね。

この【なるかみの】のインクは、今にも降り出しそうな曇り空から勢いよく差す雷の色をイメージしました。

<色見本>

こちらのインペリアル敷島は「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。