「インペリアル敷島」シリーズについて

このたび、令和元年5月19日インクの日、インクバロンをスタートさせて頂きました。

インクバロンについて詳細はこちら

あれから、はや1週間が過ぎました。
販売開始しました「インペリアル敷島」シリーズ全72色中、初回発表分の17色ですが・・・
何と!
早々に、初回分は売り切れてしまいました!
(枡入りパッケージ25mlタイプ)

お客様から”詳細が知りたい”とお声を頂いておりますので、まずは「インペリアル敷島」シリーズについて、お話したいと思います。

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

5/19は、72色のうち17色を発表しました。約1年をかけて全72色になる予定です。

1色に2サイズのラインナップをご用意しました。

25mlの使いやすいサイズは、枡に入ったパッケージに、モデルとなった和歌が添えられています。

25ml ¥1,700(税別)

カードの裏には和歌の意味も書いてありますので、和歌の意味と色彩による情景をお楽しみいただけます。

実は大垣は、枡の国内シェア№1なんです!
ほのかに檜が薫るのもまたイイですね!

5mlはお試ししやすい小瓶ボトルです。

5ml ¥500-(税別)

 

「インペリアル」とは帝国の、皇帝の、また、威厳のある、最上級の、などの意を表し、

「敷島(しきしま)」とは別名”四季島” 昔の日本の呼称です。

日本という国の、昔からある四季の移り変わり、人々の生活の息づかいを感じてもらいたい、情緒・情景が浮かぶインクを作りたいと思い、作成したのがこの「インペリアル敷島」シリーズです。

モデルとなった「敷島」は

「敷島の 大和心を 人問わば 朝日ににほふ 山桜花」本居宣長

という句にも使われています。

一部のインク名にもなっている枕詞(まくらことば)とは、万葉集の頃より用いられた技法です。
その言葉だけでは意味を持たないので、現代語訳には直接登場しません。
ですが、特定の言葉を装飾し、情緒を添え、短歌の調子を整える言葉なので、情景を思い浮かべるときに奥行きや深みを与えてくれる言葉です。

インクも、色だけを見ればただの色彩ですが、インクにこめられた名前や物語が入る事によって、より鮮やかで味わいのある色に変化するところが魅力だと思います。
まさに”枕詞”と”インク”の役割が一致していると感じました。

インペリアル敷島シリーズは「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に、大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はぜひご予約をお願いします。

ひとりインクメーカー「インクバロン」はじまる!!

去る2019年 5月 19日は、2019年(インクの年)5月(令和最初の)19日(インクの日)ということで。

川崎文具店 店主 川崎紘嗣は。

この日よりひとりインクメーカー「インクバロン」をスタートさせてただきました。

それに伴い、

「インクバロン」オリジナルインクを同日発売開始しました。

第1段インクは・・・

日本の和歌と枕詞をイメージした全72色

「インペリアル敷島」です。

19日の初回は72色のうち17色を発表。

こちらは約1年をかけて全72色を発表するシリーズです。

【インクバロンよりご挨拶】

世の中には様々なインクが満ちておりますが、中々自分のカラーインクに出会えていない方が多いように感じます。

国内外の様々なカラーインクを見てきて、人の心を動かすインクとは何かを考察したとき、最も大切なことはインクに込められた名前や物語であることに気が付きました。

インクの物語とお客様の物語がクロスした時、本当に求めているカラーのインクがみつかるのだと思います。

つまり「インクバロン」が作るインクは、色で選ぶのではなく、日によって異なる状況(シチュエーション)で楽しむインクなのです!

因みに・・・
メーカー名のバロンには男爵という意味以外に古フランク語で自由民という意味があります。

つまり、私が言いたいのは

「自分色で自由にインクを楽しみましょう!」

という事です。

製作も接客もひとりで行う、地方の小さなひとりメーカーですが、他にはないオリジナル性のあるインクを心を込めて大切にお渡ししていきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。

そして!

ひとりインクメーカー「インクバロン」第1段インクは・・・

日本の和歌と枕詞をイメージした全72色「インペリアル敷島」です。

初回は72色のうち17色を発表。

詳細は順にお伝えして参りますのでご期待いただければと思います。

梅花無盡蔵~baika mujinzou~

川崎文具店オリジナルの万年筆用インク第4弾!

尽きることのない梅の花がモチーフ。
不屈の精神と優美を兼ねる梅の色をイメージした、男性でも使いやすいピンク系カラーインクです。

このインク、4月末に店頭にて、ネットショップでは5月の連休明けにそれぞれ販売を開始したのですが・・・
なんと!
ネットショップでは販売開始後、約30分で売り切れてしまいました!!

回線より私の頭の中がパンクしましたよ;ビックリです(@_@)

ネットで売り切れても、店頭に少し在庫がある場合もございますので、次回入荷まで待ちきれない!という方は、一度店頭の方へお立ち寄りください。

このインクは、古来より日本人に愛でられてきた梅の花の色をモチーフにした、落ち着いたピンク色のインクです。
女性だけでなく男性にも普段使いしやすい色味に仕上げました。

というのも、学問の神様で有名な菅原道真公や大垣の偉人・小原鉄心など多くの男性が古くから愛した花が梅です。
この梅をモチーフに、尽きることのない梅の花、甘すぎず奥深い梅の花をイメージしたのが、この「梅花無盡蔵(ばいかむじんぞう)」です。
ですので、男性でも使いやすい、むしろ男性にこそ使って頂きたいカラーです。

菅原道真公の詠んだ句の中で、梅にちなんだものがあります。

「東風(こち)吹かば にほひをこせよ 梅花(うめのはな) 主なしとて 春な忘るな」菅原道真公
―東風が吹いたなら 香りを起こして届けてくれ 梅の花よ 私がいなくなっても、春が来るたびに 花を咲かせておくれ

道真公が詠んだ梅花が、白梅か紅梅かは定かではありませんが、人生の儚さをうたった、今にも梅の香が匂い立つような句ですね。

そもそも、インク名の「梅花無盡蔵(ばいかむじんぞう)」とは?
由来は、万里集九の庵及び詩文集の名前「梅花無盡蔵」からです。

万里集九は、室町中期の臨済宗一山派の僧であった禅僧であり漢詩人でもあった人です。
この方も梅の花を愛した偉人の一人ですね。

美濃国(現在の岐阜県)に構えた梅花無尽蔵(ばいかむじんぞう)と名付けた庵で、三体詩や東坡詩を講じました。
(後年には江戸(関東)でも庵を構え、同じく梅花無尽蔵と名付けています)

また代表作の漢詩文集にも、庵と同じく「梅花無尽蔵」と名付けられています。
この漢詩文集・東国旅行記「梅花無尽蔵」には、“岐阜”の名前の由来や「日本三名泉」について書かれています。

現在では、岐阜県下呂市・下呂温泉を日本3名泉の一つとして広めたとして、白鷺橋では万里集九の像が建立されています。

ちなみに下呂温泉の水質は少しとろっとした感じ。入浴後はお肌つるつるです(*´ω`)
温泉好きな方はぜひお立ち寄りください♪

苦労の多い人生でしたが、水墨画で有名な雪舟など多くの著名人と交流を持つなどしたほか、都を追われた文人や禅僧がわざわざ訪ねてくるなど、人々に慕われていたようです。
梅の花言葉の中にあるように、万里集九はまさに「不屈の精神」と「優美さ」を兼ねた人であったんですね。

通常販売価格(税込):¥2,700 50ml入り

ミクサブルインクをペーパークロマトグラフィーしてみたら~単色編~

プラチナ万年筆からでている「ミクサブルインク」という混ぜて好きな色を作れるインクをご存知でしょうか?
通常、万年筆用インクは、例えメーカーが一緒であっても、混色はしない方がいいとされています。(化学反応を起こしてしまい、固まってしまう恐れがあるからです)
それがプラチナのミクサブルインクなら混色可能、万年筆にも対応可という事なのですごいですよね。

もちろん製品として販売もされているので、ご自宅で楽しんでいただくも良し、全国の文房具店などで、たまに「ミクサブルインク体験会」というイベントが行われたりするので、それに参加してみるのも良しですね。
自分の好きなカラーのインクを作るのって難しい面もありますが、インク沼の住人でなくてもドキワクしちゃうと思います。

さて。
そのミクサブルインクを使ってペーパークロマトグラフィーという色素分解の実験をしてみました。

ミクサブルインクは全部で9種類。
・スモークブラック
・アクアブルー
・オーロラブルー
・シルキーパープル
・シクラメンピンク
・フレイムレッド
・アースブラウン
・サニーイエロー
・リーフグリーン

それぞれ(まずは単色)をろ紙に付着させます。


写真では分かりやすいように、色の名前、元の色(上)、色素分解する色(下)と分けました。


吊るして下に水を注ぎ、待つこと15分・・・



15分後の様子です。

これを見ると、意外な発見が!
・アースブラウンには緑が入っている
・シルキーブラックは純粋に黒だけ?だった(ように見える)
・アクアブルーだけ、同じ時間なのに吸い上りが遅い
・・・などなど。
分析してみるのも楽しいですね!

今後、ミクサブルで色を作る時の参考になればいいなぁ、と思います。

手順や水を吸い上げている様子などはYouTubeでUPしているので、見て頂けると嬉しいです!

川崎文具店YouTube

<城下町のアンティークな文具店>
川崎文具店の管理人:keikoでした!

「インクの補充」事件

ずっと欠品中だった月華紅蘭が再入荷
(「月華紅蘭」の記事はコチラ
試書き用の見本すらない状態だったので、こちらにも補充を。

試筆コーナー

そして、試筆用(と言いながら自分用になりつつある)万年筆へ、インクの吸入をすることにしました。

私は文字を書く時、ついつい指先に力が入ってしまいがち;
そして気が付けば、机とおでこの距離が15センチ・・・なんてことも。
子どもの頃からよく注意されておりましたわ(;^ω^)

そんな私には太軸の方が力が抜きやすいいのかな~と思い、今回はペリカーノ・アップローズピンクをチョイス。
薄いピンクにパール感のあるカラー。
こういう感じ、好きです。

ペリカーノアップは、カートリッジが付属でついてくるのですが、今回は瓶インクを使うので、別売りのコンバーターを使用します。



そして、事件は起きたのです!(いや、大した事件ではないのですが;)

いつものように、ペン先を瓶の中にボチャン!と入れて・・・

コンバーターをくるくるひねって・・・

あとはティッシュで持ち手の所をきれいに拭いて・・・

拭いて・・・?

と、ここで気が付いた。

ペリカーノアップの持ち手は、持ちやすいようにシリコン製になっている事を!!

色がついてしまって、と、とれない(´;ω;`)

なんてことぉーーー!!

地味にへこみましたぁ・・・
これは事件というより単なる私の不注意なのですが;

気付いた時はまさに Σ(゚д゚lll) ←こんな顔になってたと思います(泣

皆さんも、インクの補充をする時は要注意!!ですよー!

<城下町のアンティークな文具店>
川崎文具店 管理人:keikoでした♪

 

幽伽柳紺(ゆうかりゅうこん)

川崎文具店オリジナル、当店のみ販売のオリジナルカラーインク第3弾!
「幽伽柳紺 ~yuuka ryukon~」
ずばり!この色をひと言で表すならば・・・
~貴方を想う深藍(ふかきあい)の色~ です!
当店オリジナルカラーインクは第3弾!

第1弾「大柿セピア ~ogaki sepia~

第2弾「月華紅蘭 ~gekka kouran~

そして、第3弾が「幽伽柳紺(ゆうか りゅうこん)」

夜の水門川沿いを歩いていると、水面に映る柳がゆらゆらと揺れ、まるで何かを語りはじめるかのような静かな時間を感じます。

イメージ

「幽伽柳紺(ゆうかりゅうこん」」は、そんな光景をイメージして作ったインクです。
人によって、濃い緑色にも紺色にもみえるというなんとも不思議な色です。

不可思議でミステリアス、そんな捉える事ができない深藍(ふかきあい)を楽しんで頂きたいですね。

モデルとなった「水門川」と「柳」について、ご紹介します。

大垣市には、中心市街を大垣城に沿うようにして流れる水門川があります。

古くは大垣城の外堀として築かれ、揖斐川を介して大垣船町と桑名宿を結ぶ船運の運河の役割を持っていました。
現在でも水門川の一部を大垣運河と呼ぶ場合があり、川湊であった船町港には住吉灯台も残っています。

船町ー住吉灯台

住吉灯台のある船町公園は桜の名所として有名です。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、漫画『聲の形』のモデルとなった場所でもあります。

「柳」は大垣の準木です。
落葉高木、樹勢旺盛で水門川沿いなどで見られます。

イメージ

当店の近くにも水門川&柳があり、昼間は通るたびに柳の鮮やかな緑が風に揺れています。
今回のこのインクのモチーフは「夜の水門川に映る柳」
月明かりに照らされた水面に柳の揺れる緑の影・・・というなんとも怪しげな、深く静かな様子を表しました。

名前の由来は、
幽伽・・・奥深く静に寄り添う話し相手
柳紺・・・夜の水面に映る柳
・・・という意味合いで作りました。

さて。
ここからはちょっと余談です。

店頭でお客様との会話によく出てくるので。

「幽」・・・「柳」・・・という文字からは何を連想しますか?
きっと多くの方が、「柳の下に幽霊」を思い浮かべるのではないでしょうか。

幽霊のイメージである「柳の下に幽霊」は元来、吉兆を表す題材です。
中国の陰陽説から、幽霊は陰で柳は陽を表し、陰陽が交わる事で新たな事象を生み出すといわれています。
(木に卯、十二支の卯は東を表し、東は太陽が昇ってくる方角として柳は陽木といわれる。)
※諸説あり

つまり、単に“怖いもの”という捉えではなく、”前向きな意味があるもの”と捉えると、幽霊さんも何か意味のあることを言ってくれているのかな、なんて想像もしちゃいます。

他にも、花札や浮世絵にもモチーフにした絵柄がありますね。
ご興味を持たれた方は調べてみても面白いんじゃないかと思います。

仕事納めのはずが・・・?

2019年あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

年末年始、毎年の事ですが、ばたばたと過ぎて行きました。
毎年言ってる気がしますけど、今年こそは早めに大掃除終わらせるぞ~!と意気込んではみたものの、やはり予定通りには進まず・・・。
これ以上はグチになりそうなのでやめておきます(笑)

それはそうと、年末年始はメーカーさんもお休みに突入するわけですが。
店頭では世間一般でいうところの「仕事納め」のタイミングで駆け込み入荷がありました。

ちなみに、メーカーさん問屋さん方はカレンダー通り、当店は年内休まず営業しておりました。
店頭もお正月模様になり、物流や客足も落ち着いてきたかな~?

などと思っていた頃合いに、まさかの商品が入荷ラッシュ!

おもわず「このタイミングでこれがきたか!」と思わず突っ込んでしまったものも!
なかなか仕事が納められない;という年末でした(;^ω^)

年明けの今、もうすでに売れてしまった商品もありますが、一部ご紹介します。

「ゼブラ 万年CIL(ケリー)」

12月には店頭に並んでいましたが、早々に完売してしまい、追加で発注した物です。
1971年発売ながら、こんなお洒落で重厚感のあるシャープペンは珍しいのでは?
店頭には東海地区限定カラーの3色が並んでいます。

シルバー/透明 ¥1,800-(税別)
プレミアムレッド、ターコイズブルー ¥1,500-(税別)

「モンテベルデ ワンタッチ・スタイラス・ツールペン」のボールペン
1本で9機能!というまさに多機能なペンが各色揃いました。
スタイラス、プラス・マイナスのドライバー、4種のスケール、ボールペン、水平器がこの1本に!

¥3,000-(税別)

「クロス イヤー・オブ・ザ・ピッグ」のボールペン
クロスから毎年発表される中国干支シリーズ。
ボールペンだけが先に届きました。
「亥」=「猪」は、日本では「いのしし」ですが、中国では「ブタ」を示すそうです。


ボールペン ¥40,000-(税別)

「コンクリン デュラグラフ」ボールペンと万年筆
特にオレンジナイトは、某メーカーのモデルそっくりではないかと・・・
きっと、デザイナーさんにファンの方がいらっしゃったのでは?と勝手に想像しております(笑)

個人的には紫が気に入ってます(≧▽≦)


万年筆 ¥12,000-(税別)
ボールペン ¥8,000-(税別)

さて、今年もたくさんのお客様とお会いできるのを楽しみにしております。
そしてどんな文具たちに巡り会い、送りだしていくのでしょうか・・・?
人も、物も、巡り合わせ。
ご縁だと思います。

このご縁を大切に、今年1年も過ごしていきたいですね。
どうぞよろしくお願いいたします。

<城下町のアンティークな文具店>
川崎文具店
管理人:keiko

「ミクサブルインク体験会」やります!

突然ですが…
「ミクサブルインク体験会」やります!
突然の告知、直前になってしまい申し訳ないのですが、ぜひぜひ!シェア&ご参加くださいませ!

今週末の11/17、18の10:00〜15:00
場所は大垣駅前通りにある「多目的交流イベントスペース」にて。
当日現地にて受付しております。

この2日間は、まるごとバザールというイベントが大垣駅前通り中心に行われます。
ホコ天になって、色んな地域の物産や観光PRコーナーが集まってにぎわいます。
さらに!
今年は大垣市制100周年にあたり、記念の事業も盛りだくさん!
同時開催で、かがやきライフタウン秋のつどいも大垣城ホールにて行われています。
今回はまるごとバザール&市制100周年記念の中の一つとして、ワークショップを行う事になりました!

東京荒川区と大垣の企業があつまって、モノづくりをメインとしたワークショップを行います。
参加企業さんは・・・
尚呼
○川上木工所
横田仏壇店
○名和製畳所
川崎文具店
・・・です!

当店からは、ミクサブルインクを使って自分の好きなカラーインクを作っちゃおう!という「ミクサブルインク体験会」を行います!

多くの方に体験して頂けるように、1回あたり30分間隔で進めて参ります。
なんと参加費¥500とお値打ち!

ミクサブルインク体験会と言ったら、一般的に¥1,000前後の会費が多いと思うので、この価格設定は大変お得だと思いますよ!
しかしながら、やることはちゃんとやります(笑)

参加者の方には、「プレピー万年筆、コンバーター、自分で調合したインク、スポイト、余ったインクを入れる小瓶」
をお持ち帰り頂きます!

調合したインクは、コンバーターにいれて万年筆にセットした状態でお持ち帰りいただきますが、調合段階でたくさんできてしまった場合は、小瓶に入れてお持ち帰り頂けるように用意させて頂きます。
是非この機会に、ご参加くださいませ!

おむすび博2018 描いてぬってリフレッシュ!大人のぬり絵

毎年開催されている「おむすび博」で、今年当店が開催する講座をご紹介していきます。

「おむすび博って?」というかたはこちらもご覧下さい↓↓

おむすび博2018がはじまります!

おむすび博~結ぶまち おおがき体験博~ 

ではでは。

『描いてぬってリフレッシュ!大人のぬり絵』の体験内容についてご紹介します。

開催日:11月11日(日)13:00~15:00
ところ:川崎文具店 店内
定 員:6人
対 象:一般(年齢等制限を設けておりません)
参加費:1人¥3,000ー
持ち物:なし

子どもの頃、お絵かきやぬり絵に夢中になった記憶はありませんか?

昨今では、子どもの遊びとしてだけでなく、大人の趣味の一つとしてパワーアップされています。
また、大人の脳トレとしてその効能が注目されています。

本屋さんなどでも「大人のぬり絵」「コロリアージュ」といったタイトルをよく見かけますが、”大人の”とつくだけあって、図案そのものが細かかったり、凝っていたり・・・色んなものがあります。
ぜひ、自分の気に入る図案を見つけて、気軽にトライしてみましょう!

なんといっても”ぬり絵”ですから、難しいルールはありません。

好きな場所を好きな色でぬっていくだけ!

ただ、その中にちょっとしたコツをくわえるだけで、素敵な作品に仕上がるのです。

私たち販売をする側は、文房具屋さんとして商品を販売するうえで、お客様に商品を紹介しなければなりません。
つまり、どういう商品なのか、使用用途や特性などを知っている必要があるわけです。

商品について説明を詳しく聞くのに、メーカーさんと直接お話する機会がたびたびあります。
お客様から頂いた疑問等を直接訪ねたりすることもあります。

情報交換しながらそれをもまた踏まえて一つの知識として吸収し、私達は接客に活かしていくのです。

そのために、メーカーさんからの商品知識とお客様からの声はどれだけあっても足りません(笑)

なので、講座では文房具屋さんならでは!のうんちくも交えつつ、お話しできたらなぁと思います。
実はこの「大人のぬり絵」講座も、ステッドラーというメーカーの担当さんからヒントを頂いたのでした。

今度講座で使用する予定の水彩色鉛筆のメーカー「ステッドラー」http://www.staedtler.jp/index.html

ドイツの文具メーカーで、鉛筆製造において世界最古のメーカーとしての歴史があり、軍神マルスのシンボルマークが有名です。

本講座では、ステッドラーの水彩色鉛筆と水筆ペン等を使用し、一般的な普通色鉛筆と水彩色鉛筆の違いを体験して頂いたり、水彩色鉛筆と水筆ペンを使用して作るぼかしのコツを習得していただく予定です。

こちらは絵を描いている様子です

そして、ぬり絵を通して得られるリラックス効果についてもお話していきます。

ぬり絵とリラックス効果って結びつかないかもしれませんが、気軽にできて気持ちの良いことだったらいう事ないですよね!

ぜひ、この講座をきっかけに、楽しい趣味の一つに加えて頂ければと思います。

ペリカン スーベレーンM805螺鈿「光彩」

今年はペリカン創業180周年ということで、様々な記念モデルが発表されていますが・・・

今回ご紹介するのは、ペリカン万年筆の不動の人気モデル

「スーベレーン」の限定万年筆「光彩」
デザインは熟練職人の手で丹念に施された螺鈿細工と漆仕上げ!
なんとペン軸からキャップにまで螺鈿細工が施されている豪華な作品です。

まずはなんといってもこの"商品の美しさ!”

これまでにも、様々なメーカー・モデルの中で螺鈿細工がされている万年筆やボールペンはあったかと思います。
しかしながら、ボディだけでなくキャップにまで同じく細工がされているものは珍しいのではないでしょうか。

世界限定388本、そのうち日本での販売予定数は120
作者名と限定番号が蒔絵技法で描かれています。

なんと、このうちの1本が入荷しました!

限定番号:「289」

作者名:宝舟会

M805 18金ペン先 ロジウムコーティング
ペン先:M

この万年筆「光彩」には、白蝶貝の虹色に輝くパーツのみを贅沢に使用しており、裏側にプラチナ箔を貼ってからその上に螺鈿が載せられています。
漆の塗りこみと磨き上げを何度も繰り返す、職人の手間と技術が詰まっているのです。
光を当てると、軸に埋め込まれた貝が虹色の神秘的な輝きを放つことから「光彩」と名付けられました。

・・・と、あまりの驚きに、いきなり商品を紹介してしまいましたが。
(だって入荷できるなんて思っていなかったんです!!)

実は、化粧箱からインパクトが大!だったんです。

事前情報では、「桐箱の専用ケースに収納されています」とだけ聞いていたのですが・・・

その1 ダンボールに入って荷物が届く→開封
(この時点で何が入っているのかが判明!)

その2 白い箱を発見→開封

その3 白い箱の中から白い箱(?)登場

その4 白い箱の中から金ピカの箱(!)登場

その5 金ピカの箱から桐の箱(!!)登場

その6 やっと「光彩」会えたね♪

・・・という段階を踏んでいたわけでした(;^ω^)

なんて重厚感、なんて豪華なんでしょう☆彡
あまりの衝撃に、開封の儀 盛り上がりましたvv(笑)
インスタ&fbでいちいちUPしてしまいました(笑)

ちなみに一番大事なお値段もインパクト大!

ナント¥200,000-(税別) Σ(・□・;)

ご興味のある方はぜひ見にいらしてくださいね~。
眼福 眼福♪