タグ別アーカイブ: ご当地インク

【あをによし】「インペリアル敷島」シリーズ

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

詳細はこちらの記事をご覧下さい。

今回は、【あをによし】についてです。

和歌
「あをによし 寧楽の京師は 咲く花の 薫ふがごとく 今盛りなり」
(あをによし ならのみやこは さくはなの におうがごとく いまさかりなり)
小野老朝臣(おののおゆのあそん) 万葉集より

歌意
「青丹がとれるこの奈良の都は、咲き誇る花が色美しく、まるで香り立つかの如く映えて、今が繁栄の真っ盛りである。」

イメージ

「あをによし」は「奈良」にかかる枕詞。
平城京の北側に位置する丘陵地帯では、顔料に使う青土(あおに)の良質なものが産出されていたことから生まれた言葉だとされている。

「あをに(あおに)」「咲き誇る花」と、色鮮やかな印象を持つ和歌ですね。
花の咲き誇った綺麗な様子を詠う事で、街の活気が感じられ、更には時の権力者・藤原家の栄華も表現しているのでしょう。

この歌は、大宰少弐としての小野老の大宰府着任を祝う饗宴で、詠んだ和歌です。
大宰府では部下を南島に派遣し、漂着船の道しるべとするべく、各島に島の名称、船の停泊場所、水場および往来する国々からの距離を記した木碑を建てたそうです。

ここでは出典元にならって「あをに」、”なら”を「寧楽」、”みやこ”を「京師」としました。

この【あをによし】のインクは、当時のにぎやかな都で、花が咲き誇るこの土地から採れた青丹の色をイメージ。

現在でも顔料の「青丹」は絵手紙や絵画などで広く使われています。
当時の人も同じものを使っていたんだと思いを馳せると、しみじみした気持ちになります。

こちらのインペリアル敷島は「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。

【なるかみの】インペリアル敷島シリーズ

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

詳細はこちらの記事をご覧下さい

今回は,【なるかみの】についてです。

和歌
「鳴神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留め」
柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)万葉集より

歌意
「雷が少し鳴り響いて雨が降らないだろうか そうすれば あなたをここに留めておくことができるのに」

女性が、お天気にさえ頼りたいという恋しい人と離れがたいせつない気持ちが表れていますよね。

フォトACより

この和歌は、「言の葉の庭」にも登場していたので、聞き覚えがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
監督は、映画「君の名は。」でおなじみの深海誠監督です。

平安時代、男女の間で和歌を贈り合い、気持ちを伝えたり教養を競ったりしていました。
貴族の間では嗜みの1つでもありました。

このうたにも、対になる門答歌(返歌)があります。
(映画の中でも、和歌をやりとりするシーンがあります)

和歌
「鳴神の 少し響みて 降らずとも われは留らむ 妹し留めば」

歌意
「雷が鳴らなくても 雨が降らなくても 君が引き止めてくれたなら 僕はここにいるよ」

ちなみに、このうたは両方とも作者が柿本人麻呂となっています。
というのも、柿本人麻呂歌集という人麻呂自身が作った詩集からの引用らしいので、実際の体験が基なのか、想像なのか、実は作者不詳なのかはわかっていないようです。

「なるかみの」を「鳴神の」と「雷神の」などとそれぞれ表記される場合があります。
意味としては雷のことを指すのですが、当時は空=天界、つまり”神様がなさること”というような意味合いもあったことから、今回は「鳴神の」を使用しています。
たしかに、天気だけは人力でなんともならないですからね。

この【なるかみの】のインクは、今にも降り出しそうな曇り空から勢いよく差す雷の色をイメージしました。

<色見本>

こちらのインペリアル敷島は「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。

【あまのはら】インペリアル敷島シリーズ

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

詳細はこちらの記事をご覧下さい。

今回は【あまのはら】についてです。

和歌
「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」
安倍仲麿(あべのなかまろ)古今和歌集より

歌意
「天を仰いではるか遠くを眺めれば、月が昇っている。
 あの月はかつて見た奈良の春日の三笠山に昇っていたのと同じ月なのだなあ」

安倍仲麿は、20歳で留学生として唐(現在の中国)に渡り、以後約30年間皇帝に仕えていたそうです。
この歌は、唐から日本へ帰国の許しが出た時に月を見て詠んだとされています。

三笠山には遣唐使が出発する前に祈願する祠があるそうで、かつて自分が日本を出発するときに三笠山でみた月をしみじみと思う気持ちが表現されています。
帰国の嬉しさ、日本への懐かしさ、遣唐使として任務を全うした達成感・・・などもあったのではないでしょうか。
まさに万感の思いですね!

しかし・・・

帰国途中で仲麿の乗った船が難破してしまい、唐に戻る事に!
終ぞ日本には戻ることなくその生涯を閉じたとのことです。

そう聞くと、帰国できなかった無念さもなんだか感じられるような気がします。

この【あまのはら】のインクは、濃い部分は月が良く見える明るい夜空、淡い部分はかつて胸いっぱいに夢を抱いて航海にでた時の海の色をイメージしました。

こちらのインペリアル敷島は「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。

商品ラインナップ決定!!in文具女子博#インク沼

 

8/23(金)~25(日)「文具女子博#インク沼」が開催されます。

いよいよ明日、7/17日10:00~、入場券の前売りが発売開始です!!
入場時間指定での購入なので、締切られる前にお早めにゲットしてくださいね!!

さてさて。
川崎文具店も、出店にむけて着々と準備を進めています☆

まずは、会場に並ぶ商品ラインナップが決定!!
リンク先には商品の詳細記事がありますので、ぜひご覧下さい☆
まだの所は順にアップしていきます(*´ω`)

~ご当地インク~

大柿セピア ブログ「大柿セピア」
 

月華紅蘭 ブログ「月華紅蘭」
 

幽伽柳紺  ブログ「幽伽柳紺」
 

梅花無盡蔵 ブログ「梅花無盡蔵」
 

ご当地インク4色×5mlセット(上記4色を5mlの詰め合わせ)

~インペリアル敷島シリーズ~※各色25mlと5mlの2サイズをご用意

いはばしる 【いはばしる】

あまのはら 【あまのはら】

ちはやぶる 【ちはやぶる】

なるかみの  【なるかみの】

あをによし 【あをによし】

インペリアル敷島5ml×5色セット(上記5色をセットで!!)

~思考実験シリーズ~

ラプラスの悪魔 「無彩色・反射率18%グレー」
【ラプラスの悪魔とは?その1】 
【ラプラスの悪魔とは?その2】

 

当日お越しの方には、限定ノベルティもご用意する予定です。
ぜひぜひ!遊びに来てくださいね~\(^o^)/

文具女子博#インク沼 出店します!!

令和元年8月23日~25日東京にて
「文具女子博#インク沼」が開催されます。

この夏の「文具女子博#インク沼」は、12月に開催される「文具女子博2019」のPRを兼ねたイベントです。

文具女子博2018の様子はこちら

#インク沼には、出店者やメーカーのオリジナル商品が並びます。
文具の中でも、主に万年筆、インク、紙類に絞った、まさに「沼」なイベントです(笑)

特に当店のような地方の専門店の商品も一同に会するということで、日本中のそこのお店に行かないと買えなかった商品が、この場で買える!!というのは魅力的ですよねー!!

そしてそして。
当店こと「川崎文具店」も出店することが決定しましたー!!\(^o^)/

出店者情報もUPされましたので、ぜひcheckしてくださいね!

出店する商品の詳細も徐々にお知らせしていきますので、お楽しみに~♪

梅花無盡蔵~baika mujinzou~

川崎文具店オリジナルの万年筆用インク第4弾!

尽きることのない梅の花がモチーフ。
不屈の精神と優美を兼ねる梅の色をイメージした、男性でも使いやすいピンク系カラーインクです。

このインク、4月末に店頭にて、ネットショップでは5月の連休明けにそれぞれ販売を開始したのですが・・・
なんと!
ネットショップでは販売開始後、約30分で売り切れてしまいました!!

回線より私の頭の中がパンクしましたよ;ビックリです(@_@)

ネットで売り切れても、店頭に少し在庫がある場合もございますので、次回入荷まで待ちきれない!という方は、一度店頭の方へお立ち寄りください。

このインクは、古来より日本人に愛でられてきた梅の花の色をモチーフにした、落ち着いたピンク色のインクです。
女性だけでなく男性にも普段使いしやすい色味に仕上げました。

というのも、学問の神様で有名な菅原道真公や大垣の偉人・小原鉄心など多くの男性が古くから愛した花が梅です。
この梅をモチーフに、尽きることのない梅の花、甘すぎず奥深い梅の花をイメージしたのが、この「梅花無盡蔵(ばいかむじんぞう)」です。
ですので、男性でも使いやすい、むしろ男性にこそ使って頂きたいカラーです。

菅原道真公の詠んだ句の中で、梅にちなんだものがあります。

「東風(こち)吹かば にほひをこせよ 梅花(うめのはな) 主なしとて 春な忘るな」菅原道真公
―東風が吹いたなら 香りを起こして届けてくれ 梅の花よ 私がいなくなっても、春が来るたびに 花を咲かせておくれ

道真公が詠んだ梅花が、白梅か紅梅かは定かではありませんが、人生の儚さをうたった、今にも梅の香が匂い立つような句ですね。

そもそも、インク名の「梅花無盡蔵(ばいかむじんぞう)」とは?
由来は、万里集九の庵及び詩文集の名前「梅花無盡蔵」からです。

万里集九は、室町中期の臨済宗一山派の僧であった禅僧であり漢詩人でもあった人です。
この方も梅の花を愛した偉人の一人ですね。

美濃国(現在の岐阜県)に構えた梅花無尽蔵(ばいかむじんぞう)と名付けた庵で、三体詩や東坡詩を講じました。
(後年には江戸(関東)でも庵を構え、同じく梅花無尽蔵と名付けています)

また代表作の漢詩文集にも、庵と同じく「梅花無尽蔵」と名付けられています。
この漢詩文集・東国旅行記「梅花無尽蔵」には、“岐阜”の名前の由来や「日本三名泉」について書かれています。

現在では、岐阜県下呂市・下呂温泉を日本3名泉の一つとして広めたとして、白鷺橋では万里集九の像が建立されています。

ちなみに下呂温泉の水質は少しとろっとした感じ。入浴後はお肌つるつるです(*´ω`)
温泉好きな方はぜひお立ち寄りください♪

苦労の多い人生でしたが、水墨画で有名な雪舟など多くの著名人と交流を持つなどしたほか、都を追われた文人や禅僧がわざわざ訪ねてくるなど、人々に慕われていたようです。
梅の花言葉の中にあるように、万里集九はまさに「不屈の精神」と「優美さ」を兼ねた人であったんですね。

通常販売価格(税込):¥2,700 50ml入り