タグ別アーカイブ: ひとりメーカー

【あをによし】「インペリアル敷島」シリーズ

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

詳細はこちらの記事をご覧下さい。

今回は、【あをによし】についてです。

和歌
「あをによし 寧楽の京師は 咲く花の 薫ふがごとく 今盛りなり」
(あをによし ならのみやこは さくはなの におうがごとく いまさかりなり)
小野老朝臣(おののおゆのあそん) 万葉集より

歌意
「青丹がとれるこの奈良の都は、咲き誇る花が色美しく、まるで香り立つかの如く映えて、今が繁栄の真っ盛りである。」

イメージ

「あをによし」は「奈良」にかかる枕詞。
平城京の北側に位置する丘陵地帯では、顔料に使う青土(あおに)の良質なものが産出されていたことから生まれた言葉だとされている。

「あをに(あおに)」「咲き誇る花」と、色鮮やかな印象を持つ和歌ですね。
花の咲き誇った綺麗な様子を詠う事で、街の活気が感じられ、更には時の権力者・藤原家の栄華も表現しているのでしょう。

この歌は、大宰少弐としての小野老の大宰府着任を祝う饗宴で、詠んだ和歌です。
大宰府では部下を南島に派遣し、漂着船の道しるべとするべく、各島に島の名称、船の停泊場所、水場および往来する国々からの距離を記した木碑を建てたそうです。

ここでは出典元にならって「あをに」、”なら”を「寧楽」、”みやこ”を「京師」としました。

この【あをによし】のインクは、当時のにぎやかな都で、花が咲き誇るこの土地から採れた青丹の色をイメージ。

現在でも顔料の「青丹」は絵手紙や絵画などで広く使われています。
当時の人も同じものを使っていたんだと思いを馳せると、しみじみした気持ちになります。

こちらのインペリアル敷島は「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。

【なるかみの】インペリアル敷島シリーズ

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

詳細はこちらの記事をご覧下さい

今回は,【なるかみの】についてです。

和歌
「鳴神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留め」
柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)万葉集より

歌意
「雷が少し鳴り響いて雨が降らないだろうか そうすれば あなたをここに留めておくことができるのに」

女性が、お天気にさえ頼りたいという恋しい人と離れがたいせつない気持ちが表れていますよね。

フォトACより

この和歌は、「言の葉の庭」にも登場していたので、聞き覚えがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
監督は、映画「君の名は。」でおなじみの深海誠監督です。

平安時代、男女の間で和歌を贈り合い、気持ちを伝えたり教養を競ったりしていました。
貴族の間では嗜みの1つでもありました。

このうたにも、対になる門答歌(返歌)があります。
(映画の中でも、和歌をやりとりするシーンがあります)

和歌
「鳴神の 少し響みて 降らずとも われは留らむ 妹し留めば」

歌意
「雷が鳴らなくても 雨が降らなくても 君が引き止めてくれたなら 僕はここにいるよ」

ちなみに、このうたは両方とも作者が柿本人麻呂となっています。
というのも、柿本人麻呂歌集という人麻呂自身が作った詩集からの引用らしいので、実際の体験が基なのか、想像なのか、実は作者不詳なのかはわかっていないようです。

「なるかみの」を「鳴神の」と「雷神の」などとそれぞれ表記される場合があります。
意味としては雷のことを指すのですが、当時は空=天界、つまり”神様がなさること”というような意味合いもあったことから、今回は「鳴神の」を使用しています。
たしかに、天気だけは人力でなんともならないですからね。

この【なるかみの】のインクは、今にも降り出しそうな曇り空から勢いよく差す雷の色をイメージしました。

<色見本>

こちらのインペリアル敷島は「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。

【あまのはら】インペリアル敷島シリーズ

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

詳細はこちらの記事をご覧下さい。

今回は【あまのはら】についてです。

和歌
「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」
安倍仲麿(あべのなかまろ)古今和歌集より

歌意
「天を仰いではるか遠くを眺めれば、月が昇っている。
 あの月はかつて見た奈良の春日の三笠山に昇っていたのと同じ月なのだなあ」

安倍仲麿は、20歳で留学生として唐(現在の中国)に渡り、以後約30年間皇帝に仕えていたそうです。
この歌は、唐から日本へ帰国の許しが出た時に月を見て詠んだとされています。

三笠山には遣唐使が出発する前に祈願する祠があるそうで、かつて自分が日本を出発するときに三笠山でみた月をしみじみと思う気持ちが表現されています。
帰国の嬉しさ、日本への懐かしさ、遣唐使として任務を全うした達成感・・・などもあったのではないでしょうか。
まさに万感の思いですね!

しかし・・・

帰国途中で仲麿の乗った船が難破してしまい、唐に戻る事に!
終ぞ日本には戻ることなくその生涯を閉じたとのことです。

そう聞くと、帰国できなかった無念さもなんだか感じられるような気がします。

この【あまのはら】のインクは、濃い部分は月が良く見える明るい夜空、淡い部分はかつて胸いっぱいに夢を抱いて航海にでた時の海の色をイメージしました。

こちらのインペリアル敷島は「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。

商品ラインナップ決定!!in文具女子博#インク沼

 

8/23(金)~25(日)「文具女子博#インク沼」が開催されます。

いよいよ明日、7/17日10:00~、入場券の前売りが発売開始です!!
入場時間指定での購入なので、締切られる前にお早めにゲットしてくださいね!!

さてさて。
川崎文具店も、出店にむけて着々と準備を進めています☆

まずは、会場に並ぶ商品ラインナップが決定!!
リンク先には商品の詳細記事がありますので、ぜひご覧下さい☆
まだの所は順にアップしていきます(*´ω`)

~ご当地インク~

大柿セピア ブログ「大柿セピア」
 

月華紅蘭 ブログ「月華紅蘭」
 

幽伽柳紺  ブログ「幽伽柳紺」
 

梅花無盡蔵 ブログ「梅花無盡蔵」
 

ご当地インク4色×5mlセット(上記4色を5mlの詰め合わせ)

~インペリアル敷島シリーズ~※各色25mlと5mlの2サイズをご用意

いはばしる 【いはばしる】

あまのはら 【あまのはら】

ちはやぶる 【ちはやぶる】

なるかみの  【なるかみの】

あをによし 【あをによし】

インペリアル敷島5ml×5色セット(上記5色をセットで!!)

~思考実験シリーズ~

ラプラスの悪魔 「無彩色・反射率18%グレー」
【ラプラスの悪魔とは?その1】 
【ラプラスの悪魔とは?その2】

 

当日お越しの方には、限定ノベルティもご用意する予定です。
ぜひぜひ!遊びに来てくださいね~\(^o^)/

【ラプラスの悪魔】とは?その2

「ラプラスの悪魔」セットのお披露目&販売開始です!!

「ラプラスの悪魔」とは?

ラプラスの悪魔 ¥3,200+税

試験管ボトル25mlとミニボトル5ml、スポイト、本皮製の試験管ボトルカバーが入っております。(試験管ボトルカバーの色はランダムです。お選びいただけません。)
ミニボトルは万年筆のペン先から直接吸入できる広口なので便利です。

ミニボトルのインクがなくなったら、試験管ボトルのインクをミニボトルに移してご使用ください。
価格は、¥3,200+税です。

思考実験シリーズという事なので、中世ヨーロッパの実験器具をイメージしてみました。
理科の実験をしているみたいで、非日常感が味わえますね♪

桐製の箱は、試験管等を外せば万年筆などを収容できるペンケースにもなりますよ。
このセットは見ているだけで満足感がある・・・!

ラプラスの悪魔 色は「無彩色・反射率18%グレー」です。

「【ラプラスの悪魔】とは?その1」でも書きましたが、

「世界のすべてを混ぜてインクにしたら何色か」

を考えた時に、インクバロンが導き出した答えが、この色になったわけです。

色彩として見ても使いやすい濃い目の灰色ですので、普段使いしやすいと思います。

店頭にて見本を展示中ですが、ご覧になったお客様から半叫び声で

「アクマ~♡」

頂きました(笑)

こちらの商品は「色彩の錬金術師 インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。

文具女子博#インク沼 出店します!!

令和元年8月23日~25日東京にて
「文具女子博#インク沼」が開催されます。

この夏の「文具女子博#インク沼」は、12月に開催される「文具女子博2019」のPRを兼ねたイベントです。

文具女子博2018の様子はこちら

#インク沼には、出店者やメーカーのオリジナル商品が並びます。
文具の中でも、主に万年筆、インク、紙類に絞った、まさに「沼」なイベントです(笑)

特に当店のような地方の専門店の商品も一同に会するということで、日本中のそこのお店に行かないと買えなかった商品が、この場で買える!!というのは魅力的ですよねー!!

そしてそして。
当店こと「川崎文具店」も出店することが決定しましたー!!\(^o^)/

出店者情報もUPされましたので、ぜひcheckしてくださいね!

出店する商品の詳細も徐々にお知らせしていきますので、お楽しみに~♪

【ちはやぶる】インペリアル敷島シリーズ

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクです。

詳細はこちらの記事をご覧下さい

今回は【ちはやぶる】について。

和歌「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くぐるとは」
在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)古今和歌集より

歌意
「さまざまな不思議なことが起こっていたという神代の昔でさえも、聞いたことがありません。
 竜田川の水面一面に、紅葉がちりばめられ、その下を水が潜り流れているなんて。」

フォトACより

枕詞 (かかる言葉)
「ちはやぶる」→(神・うぢ・金の岬・わが大君)

「ちはやふる」という言葉自体は、お聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
小倉百人一首の競技かるたを題材に、漫画や映画にもなりましたね。

この「ちはやふる」は、荒々しくふるまうことを意味する「いちはやぶ」という動詞から出た言葉と言われています。

色のイメージは、「水面に浮かんだ紅葉の色」

この句は、作者の在原業平朝臣が二条后・高子(にじょうのきさき・たかいこ)に献上された屏風絵を見て、歌を詠むように依頼されて詠んだ句です。

二条后とは、清和天皇の后・藤原高子のことで、実は二人は元恋人同士だったとか。
業平が、元恋人へのかつての情熱を歌に込めているともいわれています。
紅葉の赤さ、紅葉の下を流れる水の勢い、そして激しくも静かな水面が目に浮かぶようです。
2人は結ばれない運命でしたが、良い恋愛だったんだなぁ・・・って感じが伝わります。

他の和歌でも言えることですが、詠み方が微妙に違っている場合があり、それによって解釈も様々です。
たとえば、この句の場合、「ちはやぶる」=(ちはやふる)どちらも同じです。

そして「水くくるとは」
「くくる」「くぐる」の場合があります。
「くくる」だと、「絞り染(くくりそめ)」という反物に見立てるので、紅葉の浮かんだ竜田川を”絞り染のように美しい”と訳します。
「くぐる」だと、川全体を紅葉が埋め尽くし水がその下を潜るように流れている状態を言うので、一時期の激しい情熱を密かに伝えるならより赤い色の多い方、
つまり「くぐる」ではないか。

・・・とも言われています。

当時の詠み人の立場や心情を考えながら和歌の意味を考えてみるのも面白いですね。

今回は、参考文献に基づいて「ちはやぶる」「水くぐる」としました。

インペリアル敷島25ml

インペリアル敷島5ml

こちらのインペリアル敷島は「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。

【ラプラスの悪魔】とは?その1

思考実験シリーズ【ラプラスの悪魔】「無彩色・反射率18%グレー」

インクバロンの新しいインクシリーズ!新色です。
その名も「思考実験シリーズ」

思考実験とは!

簡単にいえば頭の中で想像する実験の事です。
皆さんによく知られているのが、アイザック・ニュートンの「万有引力」、
ガリレオ・ガリレイの「重いものほど速く落下する」という考えを否定する実験などですね。

今回はフランスの数学者 ピエール=シモン・ラプラスの【ラプラスの悪魔】をイメージしたインクを開発しました。

【ラプラスの悪魔】とは?
「もしもある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、かつもしもそれらのデータを解析できるだけの能力の知性が存在するとすれば、この知性にとっては、不確実なことは何もなくなり、その目には未来も全て見えているだろう。」
「確率の解析的理論」1812年より

簡単にいえば、「原因によって結果が導かれる」因果律と、「全ての出来事はそれ以前の出来事のみによって決定される」といった決定論を合わせた考えです。

ちょっと難しいですが、詳しくはお調べいただくとして;

今回この題材で、このカラーに至った理由は!
つまり上記の”もしも”をインクの世界に置き換えてみた、インクバロンの思考の答えです。

ズバリ「世界のすべてを混ぜてインクにしたら何色か」

答えは・・・

「無彩色・反射率18%グレー」  ではないでしょうか!?

これは、白と黒の中間グレーと呼ばれており、カメラの露出測定でも有名ですね。
世の中のすべて、更に未来をも見通す【ラプラスの悪魔】は量子力学の誕生で消滅しましたが、もしもどこかに存在していて、世の中を見ているとしたら、すべての色が混ざった「灰色の世界」が見えているかもしれない、そんなイメージで作ってみました。

今回のインク瓶はなんと試験管!

色味は普段使いしやすい濃いめの灰色です。

使われる万年筆や紙によって、色合いは変化しますので、ご了承ください。

発売時期、価格などは近日公開予定です
試し書きはご用意してありますので、色が気になる方は川崎文具店 店頭までお越しくださいね!

「思考実験シリーズ」は今後も増える予定!

お楽しみに~(#^.^#)

【いはばしる】インペリアル敷島シリーズ

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

詳細はこちらの記事をご覧下さい

今回は、特に人気が高い【いはばしる】について、和歌と歌意、枕詞そして色見本をご紹介していきたいと思います。

25mlと5mlの2サイズご用意です

和歌の歌意もお付けしています

25mlは大垣市特産の枡に入れてあります
ほのかに香る檜の香りが癒される(*´ω`)

和歌
「いはばしる 垂水の上の さらわびの 萌え出づる春に なりにけるかも」
志貴皇子(しきのみこ)万葉集から

歌意
「岩の上を激しく流れる滝のほとりでは、さわらびが芽を出しているではないか。いよいよ春になってきた」

イメージーフォトACより

枕詞         →(かかる言葉)
「石走る、いはばしる」→(たき・たるみ・あふみ)

基の和歌にならって、「(石走る)いはばしる」と表記していますが、読み方は「いわばしる」としています。

作者の志貴皇子(しきのみこ)は、天智天皇の皇子で光仁天皇の父に当たる人物です。
本人は皇位につくことはなく、歌人として生きたとされています。

垂水(たるみ)とは、一般的には滝のことですが、この歌の場合は「摂津の国(現在の大阪市、神戸市などを含む地域)垂水」という具体的な地名だという説もあります。
その地に名滝があったため、その名がつけられたとのこと。
うららかな春のある日、皇子はかの地に赴き、実際に目にした情景をそのまま詠まれたものと言われています。

前の記事でも少し触れましたが、枕詞は直接訳語には登場しない言葉です。
特定の言葉を装飾し、情緒を添え、短歌の調子を整える言葉です。
この和歌の場合、”滝の流れ落ちる水が岩に当たって激しくはねている様子”をよく表しているひと言で、まだ芽を出したばかりのわらびの柔らかさ、鮮やかさ、やさしさみたいなものの対比が面白いところですね。

この【いはばしる】のインクは、勢い良く流れ落ちる水とその周辺に芽吹いたさわらびをイメージした淡めの水色+緑色系インクです。

暑くなるこれからの時期にマイナスイオンを感じさせるインクで涼んでみてはいかがでしょうか。
和歌と歌意を書いたカードを各サイズにお付けしています。
和歌の世界を色と共にお楽しみいただきたいです。

こちらのインペリアル敷島は「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はご予約をお願いします。

「インペリアル敷島」シリーズについて

このたび、令和元年5月19日インクの日、インクバロンをスタートさせて頂きました。

インクバロンについて詳細はこちら

あれから、はや1週間が過ぎました。
販売開始しました「インペリアル敷島」シリーズ全72色中、初回発表分の17色ですが・・・
何と!
早々に、初回分は売り切れてしまいました!
(枡入りパッケージ25mlタイプ)

お客様から”詳細が知りたい”とお声を頂いておりますので、まずは「インペリアル敷島」シリーズについて、お話したいと思います。

「インペリアル敷島」シリーズは、日本の和歌と枕詞をイメージした全72色になるカラーインクたちです。

5/19は、72色のうち17色を発表しました。約1年をかけて全72色になる予定です。

1色に2サイズのラインナップをご用意しました。

25mlの使いやすいサイズは、枡に入ったパッケージに、モデルとなった和歌が添えられています。

25ml ¥1,700(税別)

カードの裏には和歌の意味も書いてありますので、和歌の意味と色彩による情景をお楽しみいただけます。

実は大垣は、枡の国内シェア№1なんです!
ほのかに檜が薫るのもまたイイですね!

5mlはお試ししやすい小瓶ボトルです。

5ml ¥500-(税別)

 

「インペリアル」とは帝国の、皇帝の、また、威厳のある、最上級の、などの意を表し、

「敷島(しきしま)」とは別名”四季島” 昔の日本の呼称です。

日本という国の、昔からある四季の移り変わり、人々の生活の息づかいを感じてもらいたい、情緒・情景が浮かぶインクを作りたいと思い、作成したのがこの「インペリアル敷島」シリーズです。

モデルとなった「敷島」は

「敷島の 大和心を 人問わば 朝日ににほふ 山桜花」本居宣長

という句にも使われています。

一部のインク名にもなっている枕詞(まくらことば)とは、万葉集の頃より用いられた技法です。
その言葉だけでは意味を持たないので、現代語訳には直接登場しません。
ですが、特定の言葉を装飾し、情緒を添え、短歌の調子を整える言葉なので、情景を思い浮かべるときに奥行きや深みを与えてくれる言葉です。

インクも、色だけを見ればただの色彩ですが、インクにこめられた名前や物語が入る事によって、より鮮やかで味わいのある色に変化するところが魅力だと思います。
まさに”枕詞”と”インク”の役割が一致していると感じました。

インペリアル敷島シリーズは「ひとりインクメーカー インクバロン」が1つ1つ丁寧に、大切に作る関係上、少数しかお作りできません。
各色1個は店頭に並ぶよう心掛けてはおりますが、売り切れる場合もございますので、ご希望のお客様はぜひご予約をお願いします。