タグ別アーカイブ: インク

幽伽柳紺(ゆうかりゅうこん)

川崎文具店オリジナル、当店のみ販売のオリジナルカラーインク第3弾!
「幽伽柳紺 ~yuuka ryukon~」
ずばり!この色をひと言で表すならば・・・
~貴方を想う深藍(ふかきあい)の色~ です!
当店オリジナルカラーインクは第3弾!

第1弾「大柿セピア ~ogaki sepia~

第2弾「月華紅蘭 ~gekka kouran~

そして、第3弾が「幽伽柳紺(ゆうか りゅうこん)」

夜の水門川沿いを歩いていると、水面に映る柳がゆらゆらと揺れ、まるで何かを語りはじめるかのような静かな時間を感じます。

イメージ

「幽伽柳紺(ゆうかりゅうこん」」は、そんな光景をイメージして作ったインクです。
人によって、濃い緑色にも紺色にもみえるというなんとも不思議な色です。

不可思議でミステリアス、そんな捉える事ができない深藍(ふかきあい)を楽しんで頂きたいですね。

モデルとなった「水門川」と「柳」について、ご紹介します。

大垣市には、中心市街を大垣城に沿うようにして流れる水門川があります。

古くは大垣城の外堀として築かれ、揖斐川を介して大垣船町と桑名宿を結ぶ船運の運河の役割を持っていました。
現在でも水門川の一部を大垣運河と呼ぶ場合があり、川湊であった船町港には住吉灯台も残っています。

船町ー住吉灯台

住吉灯台のある船町公園は桜の名所として有名です。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、漫画『聲の形』のモデルとなった場所でもあります。

「柳」は大垣の準木です。
落葉高木、樹勢旺盛で水門川沿いなどで見られます。

イメージ

当店の近くにも水門川&柳があり、昼間は通るたびに柳の鮮やかな緑が風に揺れています。
今回のこのインクのモチーフは「夜の水門川に映る柳」
月明かりに照らされた水面に柳の揺れる緑の影・・・というなんとも怪しげな、深く静かな様子を表しました。

名前の由来は、
幽伽・・・奥深く静に寄り添う話し相手
柳紺・・・夜の水面に映る柳
・・・という意味合いで作りました。

さて。
ここからはちょっと余談です。

店頭でお客様との会話によく出てくるので。

「幽」・・・「柳」・・・という文字からは何を連想しますか?
きっと多くの方が、「柳の下に幽霊」を思い浮かべるのではないでしょうか。

幽霊のイメージである「柳の下に幽霊」は元来、吉兆を表す題材です。
中国の陰陽説から、幽霊は陰で柳は陽を表し、陰陽が交わる事で新たな事象を生み出すといわれています。
(木に卯、十二支の卯は東を表し、東は太陽が昇ってくる方角として柳は陽木といわれる。)
※諸説あり

つまり、単に“怖いもの”という捉えではなく、”前向きな意味があるもの”と捉えると、幽霊さんも何か意味のあることを言ってくれているのかな、なんて想像もしちゃいます。

他にも、花札や浮世絵にもモチーフにした絵柄がありますね。
ご興味を持たれた方は調べてみても面白いんじゃないかと思います。

「ミクサブルインク体験会」やります!

突然ですが…
「ミクサブルインク体験会」やります!
突然の告知、直前になってしまい申し訳ないのですが、ぜひぜひ!シェア&ご参加くださいませ!

今週末の11/17、18の10:00〜15:00
場所は大垣駅前通りにある「多目的交流イベントスペース」にて。
当日現地にて受付しております。

この2日間は、まるごとバザールというイベントが大垣駅前通り中心に行われます。
ホコ天になって、色んな地域の物産や観光PRコーナーが集まってにぎわいます。
さらに!
今年は大垣市制100周年にあたり、記念の事業も盛りだくさん!
同時開催で、かがやきライフタウン秋のつどいも大垣城ホールにて行われています。
今回はまるごとバザール&市制100周年記念の中の一つとして、ワークショップを行う事になりました!

東京荒川区と大垣の企業があつまって、モノづくりをメインとしたワークショップを行います。
参加企業さんは・・・
尚呼
○川上木工所
横田仏壇店
○名和製畳所
川崎文具店
・・・です!

当店からは、ミクサブルインクを使って自分の好きなカラーインクを作っちゃおう!という「ミクサブルインク体験会」を行います!

多くの方に体験して頂けるように、1回あたり30分間隔で進めて参ります。
なんと参加費¥500とお値打ち!

ミクサブルインク体験会と言ったら、一般的に¥1,000前後の会費が多いと思うので、この価格設定は大変お得だと思いますよ!
しかしながら、やることはちゃんとやります(笑)

参加者の方には、「プレピー万年筆、コンバーター、自分で調合したインク、スポイト、余ったインクを入れる小瓶」
をお持ち帰り頂きます!

調合したインクは、コンバーターにいれて万年筆にセットした状態でお持ち帰りいただきますが、調合段階でたくさんできてしまった場合は、小瓶に入れてお持ち帰り頂けるように用意させて頂きます。
是非この機会に、ご参加くださいませ!

おむすび博2018がはじまります!

先日FBでも告知しましたが、今年も始まります!

「お む す び 博」

10/20~11/25まで開催!

☆11月の講座は今週末の10/13(土)から、いよいよ申し込み開始です!

よく聞かれるのが,「おにぎりはく?って何?」(;^ω^)

ちがいますよ~。おにぎりを握り合うわけではないですからね~(;^ω^)

おむすび博とは!

「大垣市が誇る「歴史・文化」「自然」「食」などをテーマとした参加型体験講座の博覧会です。
約1か月にわたり大垣市内の各所で開催。感動体験を通して地域の魅力を発信すると共に、
地域の人と人、団体と企業を結び、新たな地域の魅力を創出することを目指します。」

・・・というものです。

簡単に言うと、大垣市内の色んな企業・団体さんが企画した体験講座に参加できちゃうよ☆ってことです。

今年は当店より4講座!

11月11日(日)10:00~12:00
万年筆&INKコーディネーターと~これからはじめる~「趣味の万年筆」

11月11日(日)13:00~15:00
描いてぬってリフレッシュ!大人のぬり絵

11月17日(土)13:00~16:00
「万年筆研究所」~魅惑のインク沼~

11月23日(金・祝)13:00~16:00
「万年筆の作法」~NO 万年筆 NO LIFE~

講座の内容は変わりつつも、出させて頂くようになって今年で7年目になりますが、毎年ご好評をいただきまして、嬉しい限りでございます。
ここ1~2年は万年筆の内容で続いてますね。

そういえば、私の失敗談を1つ思い出しました。

私が初めて持った万年筆は、プラチナ万年筆のプレピー03でした。
当時、私はベッドに寝転がりながら本を読んだり日記を書いたりしていたのです。
この時も、おろしたてのプレピーを片手に日記のページを開き・・・

途中までは記憶があったんですよ。

「へ~。万年筆って意外に書きやすいんだなぁ。値段も手ごろだし。書くのおもしろい♪」

な~んて思ったことを覚えています。

・・・気が付くと、朝。ふ、と起きたら枕元が真っ黒!!!

そうです。シーツにインクがどんどん吸い込まれていって・・・
カートリッジは1晩にして空っぽ。。。。。

そうかぁ・・・インクが出てくって、こういうことか・・・

と、学んだ出来事でした。

そんな苦い思い出を胸に(笑)

万年筆に関する3つの講座は店主が。
大人のぬり絵は私こと管理人のkeikoが、それぞれ講師を務めさせていただきます。

文房具屋さんならではの体験になるといいな、と思っています。
定員が決まってますので、興味のある方はお早めにお申し込み下さいね~!

お申し込みは当店へ!お電話にて承ります。

川崎文具店 0584-78-4223
10/13(土)から、いよいよ申し込み開始です!

100色インクの楽しみ方!

川崎文具店プレゼンツ!

100色インクの楽しみ方!

 

川崎文具店では、この度、100色インクをご用意しました!!

しかも、全て、試し書きOK!!

100色もあって、何をどうやって選んだらいいか迷ってしまう!

という方のために。
川崎文具店が、色選びの楽しみ方をご提案致します!

その①
大体の使いたい色を決める(赤系、青系など)

試し書きをして、好きな色を探す

1000色以上載っている色辞典の中から色の名前を探す

・・・・ときめく!(^^♪

その②
1000色以上載っている色辞典の中から気になる色や名前を探す

近い色のインクを探して試し書きをする

・・・・きゅんきゅんする!!(*>ω<*)(*>ω<*)

その③
店員に相談する(使いたい季節やその時の気分などをお伺いしご提案します)

試し書きをして、色を確認して決める

・・・・わくわくが止まらない!!!☆ヽ((●^∀^●))ノ☆

どうでしょう、参考になりましたでしょうか?

同じインクでも、紙とペンの相性だったり、インクとペンの相性などで色が変わって見えます。
試し書きコーナーではオススメの紙とペンをご用意しておりますので、ぜひその違いを感じてくださいね。

店内試し書きの様子

ちなみに川崎文具店店内では、100色インクすべてが試し書きできるスペースをご用意しております。

もちろん、100色インク以外もお試し可!

気になる方はぜひ、ご来店お待ちしております。

セーラー万年筆 インク工房 100色インク 各色 ¥1,296-(税込)